よいオリジナル封筒、自社封筒、社用封筒とは?




良いオリジナル封筒とはなんでしょうか?

どんな会社でも仕事をしていれば紙の書類を使います。
請求書、領収書、報告書、伝票、明細、これらの書類を郵送したり持ち運ぶ時に封筒を使います。

請求された資料をお客様に郵送する場合など、初めてお客様の手に触れる御社の製品が自社封筒と言うことになります。

つまりお客様の御社に対する第一印象を自社封筒が決定することだってあるのです。

さて、よい自社封筒とは何でしょうか?

1.書類を郵便で綺麗に手渡すという封筒の役割をしっかり果たす。
 デザイン封筒と言っても切手を貼る場所のない物や差出人の所在が不明な物では困ります。

2.誠実さ、爽やかさ、高級感など御社のイメージを表現している。
 封筒の色、印刷の文字色を工夫することでイメージアップを図ることが出来ます。

3.重要な書類を入れる封筒は封筒の外から透けて見えないようになっている。
 特に薄い色調のパステルカラーの封筒は中の書類が透けて見えやすいです。

4.用途に応じて最適な物が用意されている。
 基本的に大きい封筒は郵便料金も高いので中に入れる書類に応じて封筒を変える事で配送にかかる経費を抑えることが出来ます。


御社のオリジナル封筒はどうでしょうか?
上記のよい封筒の条件を満たしていますか?

封筒レスキューを運営する扶桑印刷社は63年もの長きに渡って大阪でたくさんの封筒を製作し続けています。
封筒に関するノウハウを御社の自社封筒制作に役立て、御社の経費削減に必ず貢献できますのでお気軽のお電話下さい。


(C) 2014 安い封筒、封筒印刷、事務封筒、オリジナル封筒、デザイン封筒の制作、作成、印刷